ウェディングパーティーについての情報が満載です!

このサイトでは、ウェディングパーティーのメリットを幅広く紹介しています。
ゲストと距離が近いアットホームな結婚式を行いたいと考えている方はもちろん、海外でのリゾート挙式を身内で行った後のお披露目会としても人気となっていますので、カジュアルに結婚を報告したいと考えている方にもおすすめです。
会費制にすれば負担も少なくすることもできるほか、工夫次第で予算を抑えることもできるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

ウェディングパーティーのメリット

ウェディングパーティーのメリット ウェディングパーティーのメリットは様々ありますが、会費制にすればご祝儀とは異なり1万円ほどから参加をすることも出来るのでゲストの負担を減らすことができます。
そのためご祝儀をもらうのが気が引ける方にも人気の方法です。
会費制のメリットはお金のやり取りが簡単なので、後処理にかかる手間も減らすことができます。
会場選びのコツとしてはゲストの人数と、どんな雰囲気で行いたいかのイメージを固めておくことです。
独立型チャペルを持っているゲストハウスやレストランなど様々なタイプがあるので、必ず下見をすることをおすすめします。
ウェディングパーティのゲストは基本的には呼びたい人で構いませんが、配慮が必要なゲストもいますので挙げたい会場で対応できる人数と予算比較して検討することが大切です。

ウェディングパーティーを開催する具体的なデメリットとは

ウェディングパーティーを開催する具体的なデメリットとは 結婚式とは別にウェディングパーティーを開く、新婚カップルがいます。
ひと昔前の言い方だと結婚式後の二次会であり、参列した新婚カップルの家族や親戚、知人や会社の関係者などが一堂に会して盛り上がるイベントです。
開催するメリットは結婚式の思い出が増える事、参加した方々が様々なレクリエーションによって楽しんでくれる事、SNSにアップ出来る楽しい写真や動画が出来る事などです。
一方でウェディングパーティー開催にはいくつかのデメリットがあり、例えば結婚式場を借りる時間が延びれば、その分だけ挙式関連の費用が膨らみます。
会場を半日借りるのと、一日丸々借り切るのでは費用が随分と変わり、当然貸切の方が高額です。
次に難点ですが、パーティーの企画を考えなければいけません。
結婚式自体のプランに加え、参列者全員が分け隔てなく楽しめるお楽しみイベントのアイデアを練り、プランナーの方々と何度も打ち合わせをしなければなりません。
ビンゴ大会やクイズ大会を企画した場合、それ相応の景品が必要となります。
景品の費用が挙式費用に加算され、また一つ一つ丁寧に粗品や豪華景品を選ぶ作業が増えるのもネックです。
挙式とは別に、クイズ大会やビンゴ大会の司会者や幹事役を手配しなければならず、新婚カップルの負担が増すのがデメリットです。

結婚式の参考サイト

ウェディングは大阪で

新着情報

◎2021/5/25

ゲストを退屈させない工夫
の情報を更新しました。

◎2021/1/6

ウェディングの人気な時間帯
の情報を更新しました。

◎2020/8/24

ウェディングパーティーの会場選び
の情報を更新しました。

◎2020/6/8

ゲストはどこまで呼ぶ?
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「パーティー 開催」
に関連するツイート
Twitter

返信先:

Compassに結婚相談所「トゥモロークラブ」の登録がありました。 広島市・呉市で結婚相談所&婚活パーティー開催してます。... 続きを読む

婚活はずばり経験値がモノを言います。 婚活パーティー、婚活アプリ、結婚相談所、合コンなど色々経験出来る場があります。 自分にとってどの婚活が合っているかは参加してみないと分かりません。 まずは自分の住んでいる自治体の婚活パーティーを検索してみて下さい。意外に多く開催されています。

株式会社マーベラス、2021年12月18日(土)に「Pre-Christmas party・6th DNA+婚活パーティー in 東京」を開催決定!あわせて参加者募集!

クエストにどうぞ٩( 'ω' )و ✨🎉ピグパでパーティ開催中🎉✨ 遊びに来てね👐⚡